出会いを大切に

国産機械株式会社は、単に企業の発展や生活の維持向上のためだけに働く場ではなく、社員一人一人が互いに啓発し成長し合う、素晴らしい「出会い」の場でありたいと願っております。

貴重な人生も、企業の発展も、共に大きな関わりをもつからこそ、国産機械株式会社はこの出会いを大切にし、より大きく育んでまいります。

皆様と国産機械株式会社とのこれからの触れ合いが、お互いにとって人生の中での爽やかな"邂逅"となることを念じてやみません。

取締役会長 荒田 鎌吉

国産機械株式会社 国産機械株式会社

会社概要

会社名国産機械株式会社
事業内容機械・装置の製造、自動車部品の製造
所在地本社 / 日野工場
〒191-0002 東京都日野市新町5丁目5番20号
TEL 042-581-1581(代表)
FAX 042-581-1590

試作工場
〒191-0002 東京都日野市新町5丁目6番20号
TEL 042-581-1581(代表)
FAX 042-581-1590

新田工場
〒370-0321 群馬県太田市新田木崎町1746
TEL 0276-56-8171(代表)
FAX 0276-56-8170

八千代工場
〒300-3572 茨城県結城郡八千代町菅谷898-170
TEL 0296-48-2731(代表)
FAX 0296-48-2732
代表者取締役社長 荒田 秀太郎
資本金4,750万円
従業員数205名(2021年5月)
創業昭和21年3月
設立昭和29年4月1日
製造品目1.専用機械及び装置(自動車向け)
2.各種自動車部品
取引先銀行商工中金、日本政策金融公庫、三菱UFJ銀行
主要取引先日野自動車株式会社様、株式会社ソーシン様、豊田鉄工株式会社様、株式会社スリーボンド様、株式会社トランテックス様、ジェイ・バス株式会社様
認証資格ISO14001/ISO9001(本社/日野工場・試作工場)
労働組合国産機械労働組合(日野労連、自動車総連に加盟)
福利厚生日野自動車健康保健組合

拠点案内

本社・日野工場(自動車部品製造)

〒191-0002 東京都日野市新町5-5-20
TEL 042-581-1581(代表)  FAX 042-581-1590

試作工場(自動車試作部品製造)

〒191-0002 東京都日野市新町5-6-20
TEL 042-581-1581(代表)  FAX 042-581-1590

新田工場(機械・装置/自動車部品製造)

〒370-0321 群馬県太田市新田木崎町1746
TEL 0276-56-8171(代表)  FAX 0276-56-8170

八千代工場

〒300-3572 茨城県結城郡八千代町菅谷898-170
TEL 0296-48-2731(代)  FAX 0296-48-2732

沿革

1946年(昭和21年)3月

東京都大田区北糀谷193番地に国産機器株式会社敷地内にて工作機械修理会社として発足、日野ヂーゼル工業株式会社の工作機械、製造設備の整備と拡充等の工場再建計画に協力。

その間、滝野川大蔵省醸造試験場の戦災による復旧作業を行ない、調達庁の指定による賠償機械(日野ヂーゼル、旧中島飛行機、羽田精機等)の整備、東京瓦斯株式会社の施設改善を行なう。

又、日野自動車販売株式会社を経て、ビルの建設と近代化にともない、国鉄、日活、大映、その他のエレベーター昇降用及び、映写撮影用の多数の自家発電装置を製作し納入。

1954年(昭和29年)4月

業務の拡張と共に技術面の一層の向上を計るため、同年4月1日を以って株式会社として新発足。

1956年(昭和31年)1月

日野自動車工業株式会社の小型乗用車「ルノー」の100%国産化にともない、型用モデル、プレス用金型の製作に尽力。

さらに同計画の遂行に協力し「コンテッサ」「ブリスカ」「コンテッサ1300」「ブリスカ1300」に及ぶ。

1959年(昭和34年)

シチズン時計株式会社より、同社がスイスのメーカーと技術提携して開発した自動盤、C型シリーズ・C-16型の製作依頼を受ける。

又、同社の事務器部門創立にともない、金銭登録機のコイン・ケース部分(コインケースに電動計算機を取り付けて金銭登録機となる)を製作。

1963年(昭和38年)4月

日野自動車工業株式会社の自動車部品の試作研究部品製作を始め、機械設備並びに人員の増加を計り、本格的な自動車部品製造を開始、大型車、中型車、特殊車の部品数百点を製造。

1973年(昭和48年)4月

懸案であった本社・工場が竣工、新鋭機械の購入とあいまって、一段と生産力の増強を見る。

昭和45年頃の製造風景 昭和48年頃 昭和50年頃 シチズン時計株式会社AT-3製造風景
昭和45年頃の製造風景 昭和48年頃 昭和50年頃 シチズン時計株式会社AT-3製造風景
1978年(昭和53年)8月

トヨタ、ハイラックスのリアボデー、ドア、フェンダー、フードやテールゲート等、各自動スポット溶接、組立ラインを納入、新車立上りに協力。

その後、今日に至るまで日野自動車工業株式会社の重要な生産設備ラインを担当し、納入している。

1989年(平成元年)4月

株式会社スリーボンド様と取引を開始。

1993年(平成5年)7月

専用機械専門工場として新田工場竣工。

2003年(平成15年)12月

日野自動車様の国内大型トラックのフルモデルチェンジに伴い新規部品を多く受注し、自動車部品メーカーとして大きく飛躍した。

2004年(平成16年)7月

試作部品製作・検査及び治具製作専門工場として試作工場設立。

2006年(平成18年)7月

豊田鉄工株式会社様と取引を開始。

2009年(平成21年)1月

株式会社ソーシン様と取引を開始。

2013年(平成25年)4月

自動車部品製造工場として、新田第二工場竣工。

2014年(平成26年)3月

株式会社トランテックス様と取引を開始。

2015年(平成27年)7月

ジェイ・バス株式会社様と取引を開始。

2020年(令和2年)7月

次世代に通用する革新的な生産工場として、八千代工場竣工。

国産機械株式会社

1.専用機械及び装置(自動車向け) 2.各種自動車部品

本社・日野工場(自動車部品製造)

〒191-0002

東京都日野市新町5-5-20

TEL 042-581-1581(代表)

FAX 042-581-1590

試作工場(自動車試作部品製造)

〒191-0002

東京都日野市新町5-6-20

TEL 042-581-1581(代表)

FAX 042-581-1590

新田工場(機械・装置/自動車部品製造)

〒370-0321

群馬県太田市新田木崎町1746

TEL 0276-56-8171(代表)

FAX 0276-56-8170

八千代工場

〒300-3572

茨城県結城郡八千代町菅谷898-170

TEL 0296-48-2731(代表)

FAX 0296-48-2732